カードローン 注意点

1. 事前にしっかりとした返済計画を立てる

カードローンは、その性質上借金を行っているという感覚が薄くなりがちです。
月々の返済額も高くても数万円ですし、契約で定められた限度額内であれば何回でも借入れることができることから、カードローンがまるで自分のお金であるかのように感じてしまいます。
この点は非常に注意が必要で、カードローンであっても自分は借金を行っているんだということを常に頭に置いておいて、借りた分のお金は出来るだけ早く返済するようにしましょう。
また、借入を行うときには月にいくらの返済をするのか、その返済額だと何か月かかるかなど、しっかりとした返済計画を立てた方が良いでしょう。

 

カードローン 返済計画

 

1-1. 確実に遂行するという強い意志が重要

カードローンは、他のタイプの融資に比べて月々の最低返済額が非常に低く設定されており、見方によっては懐に優しいタイプの借金であると言えます。
しかし、これがくせもので、「毎月最低返済額だけを返していれば良い」という考えの下でカードローンを利用すると、返済金が利息分で多くとられてしまい、元金がなかなか減らないという状況に陥ってしまうことが多々あります。
融資を受ける際には、月々の返済額を、最低額に設定するのではなく、自分が払える範囲で出来るだけ多くの金額を返していくことをおすすめします。
また、お金に余裕がある時には出し惜しみをしないで一気に返済を行うことも重要です。

 

1-2. 返済延滞を起こさない

カードローンに限らず、借金を行う際に一番気を付けなくてはいけないのは返済遅延をしてしまうことです。
一日だけ遅れたのが一回二回のみならまだ大丈夫ですが、それを習慣的に行っている顧客に対して、銀行は容赦なくカードローンの利用停止をしてくるでしょう。
自分のカードローンが使えなくなるだけならまだしも、それが個人情報会社に伝わり、自分の名前が所謂ブラックリストに入ってしまうと、自分だけでなく、配偶者である夫の金融審査にも影響が及んでしまいます。
また、夫に内緒でカードローンを利用している場合には、返済を遅延させてしまうと家に電話がかかってきてしまうこともあるため、そこから夫にバレてしまう可能性もあります。

 

1-3. 自分に合った返済方法を見つけておくこと

利用するカードローンの銀行にもよりますが、基本的に返済方法は一つだけではなく、いくつかの種類が用意されています。
様々な種類の返済方法を利用することができますが、それぞれの方法には長所もあれば短所もあるのが普通です。
例えば、家のすぐ近くにコンビニエンスストアがあり、そのコンビニ内に設置されているATMから返済を行う場合には、簡単に返済を行えると言う利点がある一方で、返済に際して手数料が取られてしまうことがあります。
自分の利用するカードローンを決めたら、次に、どのような返済方法が用意されているのか、手数料はどうなっているのか、などを調べましょう。

 

2. 万が一の時の保険を用意する

収入の無い専業主婦の場合には、返済の大部分を夫の給料に依存せざるを得ないため、場合によっては返済を滞らせてしまうと言うリスクがあります。
しかし、銀行側からすれば、専業主婦だから返済の遅延に目をつむるという特別扱いは特にせず、返済が遅れた人に対しては、誰であっても容赦なく利用停止処分を行います。
このため、専業主婦の場合には、返済に充てるお金全てを夫の収入頼みにするのではなく、自分のヘソクリからも返済を行ったり、内職で小金を貯めておくといった、万が一の時にリスクヘッジを行うことが大切です。
夫の収入は当てに出来ないという考えを常に頭の隅に置いておき、賢く、そして無理の無い借金を行いましょう。

 

2-1. 夫に事実を伝えておくこと

専業主婦がカードローンを利用する際には、夫にその事実を内緒にしておく事が多いです。
確かに、世帯収入を夫に依存している上で借金を行うことに負い目を感じてしまい旦那に言いづらいということもあるでしょうが、事実をそのまま伝えておくことで、万が一のトラブルを事前に回避することができます。
また、内緒で利用していたカードローンが夫にふとした瞬間にバレてしまい、それがきっかけで離婚騒動にまで発展してしまったケースも少なくは無いため、今後も夫婦を続けていきたいのであれば、やはり事前に夫に伝えておくことを強くおすすめします。

 

2-2. 「新しい借入をする」という選択はしないこと

カードローンは、利用限度額内であればいくらでも借入を行うことができ、また、返済して空いた利用枠で更に借入を行うことができるため、これが癖になってしまい何度も何度も借入を行ってしまう人も多くいます。
しかし、返済と借入を何度も行っていると借入額が減らず、いつまでも利息を払い続けなくてはならなくなってしまう上に、借金状態が長く続くということは銀行側から見た印象もあまり良くありません。
カードローンの利用は、どうしてもお金が必要な時だけにして、一度借りたらそれを完済するまでは追加の借入は行わないようにしましょう。

3. 必要もないのに金額を増やさない

カードローンを長く利用していると、銀行から利用限度額の引き上げを提示してくることがあります。
一見すると、利用限度額が増えるということは借入を行うことができる金額が高くなる、ということでメリットであるように思えますが、実際には多く借りてしまい身を滅ぼしてしまうリスクであるため、銀行が提示してきたからと言って無暗に限度額を引き上げることはおすすめしません。
実際に、カードローンの限度額が高くなると、それに伴って利用額が増えてきてしまう傾向があるため、たかが限度額と油断しない方が良いです。

 

3-1. 夫の力を借りているということを忘れないこと

収入の無い専業主婦がカードローンを利用するということは、夫のお金を使って借金をしているという事実を真摯に受け止めて、その上で借金をしましょう。
もし、あなたと夫の立場が逆だった時のことを考えてみましょう。
あなたが昼夜会社で働いて得たお金を、専業主夫である夫が無断で、あなたに内緒で利用していたカードローンの返済に当てていたらどう感じるでしょうか?
専業主婦が借金を行う場合には、夫はその事に対してどう思うのかをまずは考えてみましょう。
そして、本当に借金をする必要があるのかどうかを見極めましょう。

4. 「絶対に完済する」という意思が最も大切

銀行からの融資に限らず、他人からお金を貸してもらったということは、少なくともそこには信頼関係があり、そこには責任が発生します。
誰しもが親に、お金の貸し借りだけはするな、や、お金を借りたら絶対に返せ、と言われてたようにお金の貸し借りは社会生活において最も大きい責任が生じる行為です。
それであるのに、借金の返済を滞らせるということは、相手の信頼を裏切るということで、これは一番してはいけないことです。
そのため、カードローンを利用する際には、これは借金であるということを認識して、「絶対に責任をもって完済する」という強い意志を持ちましょう。