カードローン 返済方法

1. カードローンの主な返済方法

カードローンで借入れたお金に関しては、銀行によっても変わってきますが様々な返済方法が用意されていることが多く、自分に合った返済方法で返していくことができます。
また、例えば、今月は家計がピンチだから最低返済額のみの返済にしたり、逆に、家計にゆとりがある月には纏めて返済を行うなど、返済に関しては柔軟に行うことができます。
さらに、どこでお金を振り込むかに関しても自由度が高く、現在ではコンビニエンスストア内に設置されているATMから24時間いつであっても返済を行うことができるところも多くなってきました。

 

1-1. 指定口座からの自動引落

カードローンの返済で最も利用されている方法が、指定口座からの自動引き落としです。
これは、カードローンの契約に際して月々の返済額を設定しておくことで、決められた日にちに毎月自動で口座からその額が引き落とされます。
自分の口座を持っている専業主婦であれば、生活費を銀行口座から引き出す時に返済額分を、契約時に登録した自分の口座に入れるだけでわざわざ指定口座に振り込みを行ったり、銀行窓口に行って返済を行うなどといった面倒な事をせずに済みます。
ただし、手数料に関しては銀行によってその扱いが異なるため利用前に調べておくと良いでしょう。

 

1-2. 金融機関の自社ATMでの返済

口座からの自動振り込みの他には、自社ATMから返済を行う方法もあります。
実際に手で入れた分だけ返済が行われるということで、自動振り込みよりも安心できるためにこちらの方法を取るという人もいるようです。
また、この方法だとどこの銀行であっても手数料がかからないことが多いためこれも、この返済方法の利用者が多い理由の一つです。
ちなみに銀行であれば、どのようなところであれ自社ATMを設置しているのは現在では普通のことです。
さらに言えば、大手銀行であればその設置場所は自社銀行内だけでなく、駅周辺であったりと人が多く通るところであれば設置しているところも多いでしょう。
この点から言えば、自社ATMから返済を行う場合には大手の方が若干ATM探しが楽かもしれません。

 

カードローン 返済 ATM

 

1-3. 提携コンビニでの返済

銀行によってはコンビニエンスストアと提携を結んで、そのコンビニエンスストアに設置されているATMから返済を行うことができるようにしているところもあります。
特に、セブンイレブンやサークルK、ローソンといった、多く見かけるコンビニエンスストアであればほとんどの銀行系カードローンに対応していると考えても差し支えないでしょう。
このため、自社ATMが見つからないからといってわざわざ銀行窓口まで返済に行く必要は無く、利用しているカードローンと提携しているコンビニエンスストアが近くにあればそこからも返済を行うことができます。
ただし、コンビニエンスストアからの返済の場合には銀行によって手数料がかかってくることもあるため契約前に確認しておくことをおすすめします。

 

1-4. 返済用口座への振込み

口座からの自動引き落としで月々の返済を行うことができることは先ほど言った通りですが、自動振替以外にも、毎月自分で返済用口座へ振込みを行う方法もあります。
自動振替に不安を感じている人にとってはこちらのほうが安心できるということもあるため、意外と利用者は多いです。
ただし、自分で振込を行わなくてはいけないため、忘れやすい人は返済日に注意しておかないと、返済を滞らせて今後の利用を断られる可能性があります。
また、返済が遅れると家に電話がかかってきたり、ひどい場合には夫に電話がかかってきてしまうため内緒でカードローンを利用している専業主婦は返済日に気を付けましょう。

 

1-5. 窓口での返済

ATMや銀行口座からの返済以外では、直接銀行窓口に赴いて返済を行うことも可能です。
一見すると、わざわざ銀行に行き、窓口に並ばなくてはいけないため、その面倒から利用者はいないように思われがちですが、機械が苦手な方や、自動振替に不安を抱いている方は意外といるようで、窓口に返済に来る人も相当数います。
また、窓口で直接返済を行う場合には大抵のどの銀行であっても手数料がかからないという点や、振込先を間違えてしまうリスクがないという点でメリットがあります。

 

1-6. インターネットから返済

現在ではインターネットバンキングも一般に浸透してきており、送金等の元々は銀行やATMに行かなければできなかった事がインターネット環境さえ整っていれば自宅から簡単に行うことができます。
銀行によっては、カードローンの借入、返済もネットバンキングを通して行えるようにしているところもあります。
有名どころだと、三井住友銀行がネットバンキング事業に力を入れており、お金に関する様々な手続きをインターネットを通して行うことができます。
大手銀行だけでなく、今では様々な銀行でインターネットサービス事業を展開しているため、消費者からすれば融資を手軽に受けられるようになるため嬉しい流れであると言えるでしょう。

2. 最も確実に返済ができるのが口座引落

カードローンには様々な返済方法があることは、すでに理解してもらえていると思いますが、その中でも最もオススメできる方法が自動口座振替です。
これだと月々の支払いが滞ることも無く、また、わざわざ窓口に行ったりATMから指定口座に振込を行うと言った手間がかからないため時間の節約にもなります。
特に、物忘れが激しい人は間違いなく自動振替にした方が良いでしょう。
というのも、返済を滞らせてしまうと、カードローン利用を止められたり、夫に内緒で利用している場合には催促の電話でバレてしまったりしてしまうリスクがあるからです。

 

2-1. 余裕があるときは別途大目に返済を

毎月の一定額の返済額とは別に、指定された返済用口座から追加で返済を行うことができます。
専業主婦専用のカードローンを利用する場合には、最高金利での借入になることが多いのですが、家計に余裕があるときには多目に返済を行うことで元金にかかってくる利息を減らすことができます。
返済を長引かせると本来ならば払わなくても良いはずのお金を払ってしまうということで非常に勿体ないため、借りたお金はできるだけ早く返済を終えるようにするとよいです。
カードローンはその性質から、借金と言う感覚を持ち辛いですが、自分は借金をしているという意識を持って借りた分はすぐに返すようにしましょう。

3. 専業主婦は収入がないのにどうやって借金を返済しているの?

専業主婦の場合は、自分の収入は無いため返済は主に夫の給料から行っていることが多いようです。
しかし、専業主婦だと、夫に秘密でカードローンを利用しているケースが多く、一気に返済しても夫にお金の流れが怪しまれるし、とは言っても少しずつの返済だと利息が多く付いてしまうため損をしてしまうという、夫に内緒で利用している専業主婦ならではのジレンマを抱えています。
返済がどうしても夫頼みにならざるを得ないことから、必ずしも返済を安定して行えないためお金のやりくりに後々頭を抱えてしまうケースも数多く聞きます。

 

3-1. パート・アルバイトなどの職をはじめる

少なくとも月々の最低返済額だけでも安定させるためにも、可能であれば少しでもパートタイムで働くことをおすすめします。
と言うのも、もし最低返済額すら滞らせてしまった場合にはブラックリストに名前がすぐに載ってしまうこともあり、自分だけでなく、配偶者である夫の金融審査の際にも不利になってしまうからです。
また、パートタイム等で少しでも安定した収入が得られた場合には専業主婦専用以外のカードローンも利用できるようになるため、専業主婦専用のものよりも低い利率のカードローンが使えるようになります。

 

3-2. 旦那と一緒に返済をする

どうしても働くことができない事情のある専業主婦の場合には、夫に内緒でカードローンの利用を始めるのではなく、まずは夫と話し合って許可をもらった後にお金を借りた方が後々の夫婦関係にも良いだけでなく、万が一返済が遅れてしまうことも無いでしょう。
中々意識し辛いですが、カードローンも一種の借金であり、借りた瞬間からあなたには負債が付きまといます。
高額ではないにしろ、もし夫に気付かれたときにあなたが債務者だったら夫はどう思うでしょうか?
なぜお金を借りるのか、をしっかりと考えた上でどうしても必要になるのであれば、まずは夫に相談した上でカードローンを利用しましょう。

 

3-3. 親に借りる

夫の給料から返済を行わない場合には、親にもらったお小遣いを返済に充てる人もいるようです。
確かに若ければ親を頼っても良いと思いますが、立派な大人であるのに親のお金で借金を行うと言うのはあまり褒められたものではないかなと思います。
カードローンは、その手軽さから限度額がまるで自分のお金であるかのような錯覚に陥らせます。
親に後々お金を借りてまでも今お金を融資してもらわなくてはいけないのか、我慢することはどうしてもできないのか等をしっかりと自分で考えて、自分の責任の下で借金は行うようにしましょう。

 

3-4. 内職をして返済する

パートタイムはどうしても嫌という専業主婦の方には、内職で小金を稼ぐという手段もあります。
ただし、内職は誰でもできるという手軽さを持っている一方で、時給換算にすると最低賃金以下であることがほとんどであり、時間対効率は悪いです。
しかし、月に1,2万円でも稼ぐことができれば月々の最低返済額は自分で払えるでしょうし、それくらいの稼ぎであっても専業主婦専用以外の一般向けのカードローンを利用させてくれるところも現在では多くあり、少な目の利率でお金を融資してもらえるようになるでしょう。
現在では、インターネットを通して簡単に内職仕事を受注することもできるため、興味があれば調べてみることをおすすめします。

 

3-5. 専業主婦でも短期間での完済が目指せる

もし内職を行っていて安定した収入があったり、夫に相談した上でカードローンの利用をしている場合には専業主婦であっても短期間で完済することも夢ではないでしょう。
特に、専業主婦専用のカードローンであっても、90日までは利息が付かない、といったキャンペーンを行っている場合もあり、そのようなところだと短期間で返済を終えることができるのは非常に大きなアドバンテージとなります。
借金を行う際には、借入と返済のバランスを見極めて、しっかりとした返済計画を立てた上でお金を借りるようにしましょう。