カードローン 借入限度額

1. 本人の収入のある専業主婦

パートタイム等で収入がある兼業主婦の場合には、専業主婦に比べて選択できるカードローンに幅が広がります。
お金の借入に関しては総量規制と言うものがあり、これは、利用限度額に関わらずその顧客の年収の3分の1までしか金融会社はお金を貸してはいけないとする規制で、銀行以外の消費者金融や信販会社を含めたノンバンクからお金を借りる際にかかってきます。
このため、収入の無い専業主婦の場合にはノンバンクからは借入を行うことが出来ず、必然的に銀行、しかも専業主婦向けの少々分の悪いところのカードローンを使わざるを得ません。
このため、可能であれば少しでもパートタイムで収入を得ることをおすすめします。

 

1-1. 本人と配偶者の収入を合わせた分の1まで

一般的な貸付枠で専業主婦にカードローンの利用許可を出すところは現時点ではまだあまりありません。
しかし、銀行の中には専業主婦向けのカードローンをウリにしているところもあります。
しかし、いくら専業主婦を顧客として取り込もうとしても、本人に収入が無い場合、銀行側は返済に関して大きいリスクを負わなければならないため、利用限度額を低く設定してくることを利用条件として提示してくる場合があります。
法的には、専業主婦の場合には世帯収入の3分の1まで借入を行えるはずなのですが、大抵は10万円以下、多くても30万円以下を利用限度額として設定してくる場合が多いです。

 

1-2. 高額融資を希望する場合は収入証明書が必要

安定して収入がある場合には大体200万円以上の融資をカードローンで受ける場合に収入証明書を出さなくてはいけない場合が多いです。
しかし、専業主婦の場合には収入が無いこともあり、50万円以上の融資を希望する場合であっても世帯収入を公的な書類で証明しなくてはいけないでしょう。
配偶者貸付、特に専業主婦への融資は銀行側も大きなリスクを負ってしまうため書類で返済能力をアピールしなければ高額融資の審査に通ることは難しいでしょう。

2. 本人の収入のない専業主婦

何度も言っているように、銀行は本人に収入が無い専業主婦に対してはカードローンの審査を厳しくする傾向があります。
収入が無いということは、その人の夫が支払いを拒否したら貸付金が回収できなくなってしまうため銀行も大きなリスクを負ってしまうからです。
一番の理想としてはパートタイムで働くなどして多少なりとも安定した収入を得ることで、こうすることで銀行側の懸念の大部分を取り除くことが出来ます。
しかし、それが無理な場合には世帯収入を提示してなんとかカードローンを利用させてもらうか、あるいは専業主婦向けのカードローンを利用するかしかないでしょう。
いずれにせよ、専業主婦の場合は金利などの面で不利な契約となってしまうため十分な注意を払ったうえで契約するべきでしょう。

 

2-1. 配偶者の収入の3分の1まで

配偶者貸付は原則として世帯収入の3分の1までが許可されていますが、基本的には専業主婦にそれほどの額を融資してくれるところは無いでしょう。
もちろん、夫が高給取りで妻がカードローンを利用することに同意している場合には比較的高い額の貸付を行ってくれる可能性はありますが、あまり期待しない方が良いでしょう。
大抵は、専業主婦の場合にはカードローンの契約に際して、良くて50万円まで、多くのところは10万円以下の利用制限を設けてくるところがほとんどでしょう。

 

2-2. 配偶者の同意書が必要

銀行、特に安定した収入がある人が利用するようなカードローンに申込みを行う際に、専業主婦の場合は配偶者の同意書が必要になってくることが多いです。
これは妻が夫に内緒でカードローンを利用していて、夫にバレた際に支払い拒否をされないために予防線としての意味合いがあります。
配偶者からカードローンの利用に関して同意をしてもらえている場合には、そうでない専業主婦に比べて審査に通りやすくなり、しかも融資限度額も比較的高くなります。
どうしても融資が必要な場合にはその旨を夫に伝えて同意書をもらうことをおすすめします。

3. 専業主婦専用の銀行カードローンがおすすめ

現在では一般の貸付枠以外にも、専業主婦専用の銀行カードローンを用意しているところも多くあります。
これらの中には、みずほ銀行や、じぶん銀行といった大手銀行も入っているため安心して利用することが出来ます。
専業主婦専用の銀行カードローンの特徴として、配偶者の同意書が必要ない代わりに、利用限度額が低く、金利が比較的高く設定されている点が挙げられます。
しかし、1000円単位での融資や、返済額が月々1000円など専業主婦には嬉しい融資の形になっています。
ただし、最低返済額で返済を行うということはそれだけ利息が取られてしまうということなので、少額とは言え借金をしているということを頭に置いて注意をしながらお金は借りましょう。

 

銀行カードローン おすすめ

 

3-1. 収入証明の提出・在籍確認の電話もなし

専業主婦専用の銀行カードローンの特徴として、配偶者の同意がいらないということに加えて、世帯の収入証明の提出や、夫への在籍確認の電話もありません。
在籍確認の電話が無いということは夫にバレてしまうリスクがグッと減るため、夫に内緒でカードローンを利用したい専業主婦にとってはありがたいと思います。
また、世帯収入証明書も用意するためには非常に面倒な手続きを行わないといけないため、それがいらない点もスマートにカードローンを利用したい主婦にとっては嬉しい特徴となっています。

 

3-2. 専業主婦専用の低額借入枠を設定

専業主婦はパートタイムで働いて一定の収入がある兼業主婦とは違い、自分で稼いで自由に使えるお金はそれほどありません。
また、基本的には専業主婦の場合には夫に内緒でお金を借りている場合が大多数なので銀行側も高額な融資には及び腰な態度になる傾向があります。
これは、専業主婦専用のカードローンについても例外ではなく、確かに顧客として専業主婦をターゲットにはしていますが出来るだけ小口融資に抑えたいというのが銀行側の本音だと思います。
このため、専業主婦がカードローンを利用する場合には、契約に際して比較的低額の借入枠を設定されることが多いです。

 

3-3. 限度額は10〜30万円程度

専業主婦は経済的に夫に依存してしまいがちなため、自由に使えるお金というものが少ない傾向にあります。
これは返済に関しても言えることで、纏まったお金が入ったら一括で返済が行える人に比べて専業主婦は夫の給料から少しずつしか返済できないでしょう。
また、何かしらの問題が起きて夫が働けなくなった場合には返済が滞ってしまいます。
このため、銀行側もリスクを最小限に抑えるため10~30万円という小口での融資しかしてくれません。
もしこれ以上の額の借入を行いたいのであれば、週2回のパートタイムで、収入は少ないとしても安定した収入を得ることで限度額引き上げの可能性は出てきます。

4. 専業主婦専用の銀行カードローンでも増額はあるの?

残念ながら専業主婦専用銀行カードローンの限度額は多くて30万、一般的には10万円までのところが多く、これ以上の増額は望めないと考えてよいでしょう。
限度額は専業主婦専用カードローンのサービス展開を行っている業者一つ一つによって異なっているため利用申請を行う前にインターネット等を使ってしっかりと吟味することをおすすめします。
もしも専業主婦専用銀行カードローンの限度額で満足できない場合には、一般向けに用意されているカードローンを利用することになりますが専業主婦では審査に通り辛いことが予想されます。

 

4-1. 仕事ができるならパート収入で借りるのが一番

確かに、現在では専業主婦専用の銀行カードローンなどが出てきて専業主婦でも小口ですが融資を受けられるようになっています。
しかし、これらのカードローンは基本的に利率が高く設定されており、また非常に低く設定されている月々の最低返済額もあって、最終的には相当額を利息として取られてしまうため長期的に見たら損な借り方であると言えます。
そのため、可能であればパートタイムで安定した収入を得た上で一般向けのカードローンの利用を強くおすすめします。
また、カードローンは借金をしているという意識が薄くなりがちですが、カードローンも一つの借金の形であることを念頭に置いておき、負うべき責任を理解した上で利用しましょう