カードローン 夫に内緒

1. 夫に内緒で借りられるカードローン

一般的に言う、住宅ローンや自動車ローンを組む際にはローンを組む人本人の他に、保証人や連帯保証人と共に契約を結ばなければなりません。
これに対してカードローンの場合は、本人だけで契約ができ、融資を受けることができます。
カードローンとは簡単に言うと無担保個人向け融資であり、保証人や連帯保証人として家族や配偶者を立てなくても良いうと言う特徴があります。
このため、特に自分から言わなければカードローンを利用していることは家族含めて周りには知られないため、夫に内緒でカードローンを利用することも難しいことではないでしょう。
ただし、専業主婦だと個人の収入が無いため新規でのカードローンの申請は通り辛いと思われます。

 

カードローン 専業主婦 内緒

 

1-1. 総量規制対象外のカードローン

お金を金融機関から借りる際には総量規制に気を付けなくてはなりません。
これは、債務者への過剰な貸付を制限するために設けられたもので、年収の3分の1以上の額の借金は行えないとする制限です。
ただし、全ての金融機関でこの規制がかかってくるわけではなく、アイフルやデビット等の消費者金融会社、信販会社といったノンバンクでかかる規制であり、銀行での融資には関係ありません。
もちろんカードローンもこの規制の対象内なので、年収の無い専業主婦はノンバンクから融資を受けることは法的に無理でしょう。
しかし、現行系カードローンならばこの規制外なので、審査さえ通ればお金の借入を行うことができます。

 

1-2. 在籍確認がない

残念ながら、ノンバンク、銀行含むほぼ全ての金融機関で審査の際に会社への在籍確認電話は行っています。
業者側からしても、お金だけ取られて蒸発されるということは一番避けたいことですし致し方ないことではあります。
そのため、専業主婦がカードローンを利用したいと思うのならば会社への在籍確認が一定の条件の下で免除になる銀行を探さなくてはいけません。
この条件を満たすのが、みずほ銀行カードローンです。
本来であれば会社への在籍確認の電話をかけるのですが、夫の収入証明証、戸籍謄本といった書類を追加で提出することで10万円程の小口融資ですが在籍確認なしで借入が行えます。

 

1-3. 収入証明の提出の必要がない

本来であれば100万円単位でのカードローンを行わない限りは収入証明は不要です。
これはフリーターであっても、学生であっても審査の段階では不要なので提出する必要はありません。
しかし、これはあくまでも多少なりとも収入がある人の場合で、収入の無い専業主婦がカードローンの申込みを行う場合には配偶者の収入証明証を提出する必要があります。
これが出せない場合には夫の会社へ在籍確認の電話が行くので、内緒で借りたい場合には抜かりなく書類は提出しましょう。

 

1-4. 配偶者への確認の電話がない

本来ならば、専業主婦がカードローンの申込みを行う場合には、審査の段階で夫の会社に在籍確認の電話が行きます。
しかし、これは一定の条件の下で免除されることができます。
それは、追加で収入証明証や戸籍謄本と言った書類を提出することです。
本来ならば提出しなくともよい書類なので少し手間はかかりますが、突然在籍確認の電話が夫の会社に行って気付かれるよりかは遥かに良いでしょう。

2. 夫にバレないようにするポイント

しっかりと隠密に事を運んでいればそうそうカードローンの利用に感付かれることは無いでしょう。
専業主婦がカードローンを利用する際には、戸籍謄本や収入証明証といったあまり使わない書類が必要になる為、これらを見られてしまうと言い逃れは出来ないと思われます
書類の扱いには細心の注意を払いましょう。
他には、夫の収入や、勤務場所等の記入情報に不備があると職場に在籍確認の電話がいってしまうため不備なく記入しましょう。
なお、夫に内緒でお金を借りたい一心で書類に嘘の情報を書き込む人もいますがそれはれっきとした犯罪なので止めましょう。

 

2-1. 申し込み時に絶対にばれないようにする

夫に内緒でカードローンを利用するために一番必要なことは、いかにその金融機関と夫を繋がらせないかに尽きます。
何も言わないでただ書類を書いて提出した場合には確実に夫の職場に在籍確認の電話が行くため、申込み時に夫には内緒で借金がしたい旨を伝えることをおすすめします。
また、書類に不備があっても夫にコンタクトされてしまう可能性がある為、記入できる部分は出来るだけ細かく、正確に書き、不備なく求められた書類は提出しましょう。

 

2-2. 契約時の本人確認電話

カードローンの契約が途中まで上手くいったのにも関わらず、最後の最後で夫に知られてしまった理由の一つとして、本人確認電話が挙げられます。
ここまで内密に事を運んできたのに、最後に家庭用の電話機に本人確認の電話がかかってきてしまい、それを偶然取ってしまった夫が気付いてしまうということは良くあるようです。
これを回避するためにも、必ず連絡が取れる番号は携帯電話に設定し、電話が着たら必ず取るようにしましょう。
もし携帯電話の方に連絡が付かなかった場合には家の電話にかけてくると思われます。

 

2-3. とにかく郵送物には注意

カードローンは、その名前の通り取引時にはカードを使います。
このカードは利用申し込みをして、審査に通ったら自宅に発送されるものなので郵便物には最大の注意を払いましょう。
特に、その金融機関を夫が利用していなかったり、あからさまにカードローンと書かれてしまっている場合には内緒でお金を融資してもらう計画が無に帰してしまうため、気を抜かないでカードが家に届くまではしっかりと郵便物のチェックは欠かさずにしましょう。

 

2-4. ローンカードの扱い

ローンカードも分かる人は一目でわかってしまう為、保管場所にも注意しておきましょう。
夫の目につくところは間違いなく避けた方が良いでしょう。
常に財布の中に入れておいて肌身離さず持っていても良いのですが、ふと夫の前で財布を出した際にチラリとでも見られたら疑われてしまう為、可能であれば箪笥貯金と同じような扱いをすると良いでしょう。
いずれにせよ、カードを見られないようにすることが一番大事なことです。

 

2-5. すぐに返済する

当たり前の話ですが、返済が滞ってしまったり、あまりにも遅延が多すぎる場合には連絡が来てしまい、これがきっかけで家族には内緒にしていたカードローンの利用が露呈してしまうケースも少なくはありません。
特に、専業主婦で夫婦共有の口座しか持っていない場合には現金を引き出すタイミングが難しいために返済を遅延してしまうことも多いです。
しかし、あまりにも程度が酷いと最悪の場合には配偶者にも連絡がいってしまうため、返済に関してはスムーズに出来るだけ早く終わらせてリスクを回避しましょう。