カードローン 借り換え 専業主婦

1.そもそも借り換えとは?

借り換えとは、簡単に言うと借入先を変更することです。
今の借入額分のお金を他の金融機関から借りて、その借りたお金を今利用している金融機関への返済にあてることにより、借入先を入れ換えることができます。
借り換えに似た方法におまとめローンというものもあります。
おまとめローンとは、複数ある借入を一つの借入先にまとめることで、大きく言うと借り換えと同じです。
金融機関によっては、「借り換えローン」や「おめとめローン」といったサービスを用意していることがありますが、そうでない金融機関もあります。
その場合、通常のカードローン審査に申し込み、融資を受けたら自分で元の借入先に返済を行うことになります。

2.借り換えのメリットについて

借り換えで重要なことが、借り換えをする金融機関選びです。
金融機関選びを間違えると、借り換えの意味がなくなってしまいます。
しかし、借り換る際の注意点を理解しておけば、問題はありません。
金利の高いところでお金を借りてしまい、返済するのが大変と感じる人、また、急に収入が減ってしまい、毎月の返済額を減らしたいという人も多いと思います。
このような時に無理に返済を続けるよりも借り換えを考えてみましょう。
今よりも条件がいい金融機関に借り換えをすることで、返済を楽に続けられるようになります。

 

2-1.低金利で返済が楽になる

借り換えで最も大きなメリットと考えられるのが金利です。
高い金利の消費者金融で借りていた人が、低金利の銀行などに借り換えをすると、この金利差によって返済がとても楽になったと感じる人が多くいます。
金利は数%の違いでも、年間の総利息で考えれば大きな金額差となります。
家計をやりくりしている専業主婦にとっては、この利息を少しでも減らしたいものですよね。
今利用している金融機関よりも低金利の金融機関で借り換えをするだけで大きなメリットを得られることになります。
少しでも無駄な出費を抑えたい専業主婦にとっては見逃せないメリットです。

 

2-2.月々の返済額が以前よりも低くなる

借り換えをすることにより、月々の返済額が以前よりも低くなるケースもあります。
毎月の最低返済額は、各金融会社によって違いがあります。
毎月の返済を1000円でもいいというとこもあれば、最低返済額を5000円というところもあります。
毎月の返済額が1000円と5000円とでは、専業主婦にとっては大きな差ですよね。
カードローンを利用する前にあらかじめ確認してから利用していれば問題ないのですが、多くの人がカードローンの利用を考えた時は急な出費によってすぐにでもお金が必要ということもあり、返済額などを確認せず申し込みをしまうことがあるようです。
しかし、借り換えを利用すれば、その確認ができなかった部分を上手くカバーすることができます。

 

2-3.返済先を一本化できる

複数の借入がある場合、月に何度も返済をする必要がある人もいるかもしれません。
しかし、借り換えで返済先を一本化することができれば、様々なメリットがあります。
例えば、借入先によって返済日の違いがありますが、借入先を一本化することにより、返済を月に1回にすることができます。
複数社からお金を借りてしまい、複数の返済日があると、返済忘れの可能性が高まります。
返済忘れをしてしまうと、信用情報に悪影響を与えることからも、どうしても避けたいものです。
一本化することはこの返済忘れの危険性を軽減できるのです。
その他にも、一本化することにより一社からの借入額が増えることで、金利が低く設定される可能性もあります。

3.意外に知らない借り換えのデメリット

今の金融機関よりも条件のいいところで借り換えをするのだから、メリットばかりでデメリットなどないと感じてしまいますよね。
しかし、この借り換えには意外に知らないデメリットがあります。
借り換えを考えている人は、メリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。
特に今の返済を少しでも楽にしたいと、最低返済額の低いところに借り換えをするといった場合では注意が必要です。
最低返済額が今まで5000円だったところから、最低返済額が1000円のところに借り換えをすれば、毎月の負担は5分の1になります。
しかし、毎月の返済額が減るということは、それだけ借金をしている期間も延びるということです。

 

3-1.完済までに時間がかかる

借り換えをする時には、今の返済額よりもさらに少ない返済額の金融機関を選びたいという人は多くいます。
少ないお小遣いの中でこのカードローンの返済をしているという人にとっては、返済額が少ないところを選んで、少しでも毎月の負担を減らしたいものですよね。
しかし、この選択が大きなデメリットとなります。
毎月の返済額が少なくなるということは、それだけ完済するまでに時間がかかるということです。
返済額が少ないと毎月の返済の負担が気になりにくいもので、何年も借金を背負った状態が続くことになります。
返済額の少ないところで借り換えをする場合には、繰り上げ返済などを活用して、少しでも早く完済することが大切です。

 

3-2.利息の支払いが膨らむ

完済までの返済期間が延びるということは、支払う利息も増えるということになります。
利息の計算は、借入残高×金利÷365日×利用日数で求めることができます。
借入残高が50万円で金利が18%、30日間借りた場合には、50万円×18%(0.18)÷365×30=7397円となります。
この50万円をひと月借りて一括返済をすれば、支払う利息は7397円のみです。
しかし、返済額が少ないということは、毎月の返済では借入残高もほとんど減らないため、毎月この高い利息を支払い続け、返済総額を増やすことになります。
このように、毎月の返済額を減らすことはメリットだけでなく、デメリットもあるのです。

4.借り換え先を比較する際のポイント

失敗しない借り換えをするためには、借り換え先選びが重要です。
借り換え先を比較するポイントとしては、とにかく自分にとって有利な条件のところを選ぶということです。
まずは何が理由で借り換えをする必要があるのかを考えましょう。
利便性が悪いのか、返済額が高いために借り換えをしたいのか、お得なサービスを受けたいためなど、借り換えをする理由は人それぞれだと思います。
今の金融機関への不満などをすべてあげたうえで、それらの不満をすべて解消してくれる金融機関なのかを比較してみましょう。
多くの人が借り換えをしたい理由は返済を楽にしたいからだと思います。
この返済を楽にするためには、どのような借り換えローンがあるのか、それらの金利はどの程度なのかをしっかりと確認しましょう。

 

カードローン 借り換え ポイント

 

4-1.借り換えの専用ローンが用意されているか?

借り換え先を選ぶポイントの一つが、借り換えの専用ローンが用意されているかどうかです。
専用ローンとなると意外に少ないのですが、金融機関には借り換え専用ローンを用意しているところもあります。
この専用ローンの大きなメリットが金利がとても低いという点です。
例えば、東京スター銀行の「のりかえろーん」では、金利が年率7.8%〜9.8%となっています。
上限金利が9.8%ということは、最も高い金利に設定されてもこの金利になるということで、ほとんどのカードローンの上限金利よりも低い金利が設定されるということになります。
このように、専用ローンではかなり金利が低い設定となっているのが大きなメリットです。

 

4-2.今よりも低金利にしてくれるのか?

借り換え専用ローンでは、金利がかなり低い点が大きな魅力なのですが、その金利が低い分、審査も厳しいとも言えます。
そのため、通常のカードローンを利用して借り換えすることも可能です。
今利用しているカードローンよりも金利が低いところなら、通常のカードローン審査へ申し込み、その審査に通れば、今借りている借入額分を完済できます。
そういった利用の仕方をすれば、専用ローンを利用しなくてもお得な金利で返済を続けることができます。
ただし、この場合には借入先が少ないことが条件です。
借入先が2社以上ある状態で他社に申込をしても、審査に通りにくいのが現状です。
借入先が1社で、返済を少しでも楽にしたいという人は、今よりも低金利のカードローンの利用を考えてみましょう。

 

4-3.銀行のカードローンで借り換えおすすめ

消費者金融は即日融資が可能で、急な出費の時にキャッシングを利用すれば、ピンチも簡単に乗り切ることができます。
こういったメリットもある消費者金融ですが、大きなデメリットとなるのが金利でしょう。
というのも、多くの消費者金融が上限金利を18%程度に設定し、銀行と比べるととても高い金利設定となっているからです。
銀行カードローンの中にも大手消費者金融並みの金利を設定しているところもありますが、ほとんどが上限金利を14%前後に設定し、消費者金融とは大きな差があります。
そのため、18%程度の金利設定でお金を借りているという人は、低金利の銀行カードローンの利用を考えてみましょう。
4%の金利差でも、年間の支払っている利息総額で考えれば大きな差となり、返済を楽にすることができます。

5.借り換えの審査は専業主婦でも大丈夫?

借り換えができれば、大きなメリットがあるのですが、専業主婦が借り換えをする場合には、審査は厳しいものとなると考えておきましょう。
特に、借り換え専用ローンでは、収入があることが前提となっているため、まず専業主婦では審査には通らないと考えられます。
しかし、専業主婦でも利用できる、通常の銀行系カードローンなら利用できる可能性はあります。
すでに複数社のカードローンを利用している、延滞などをして信用情報に傷が付いているといったケース以外では、利用できる可能性があります。
急な出費で金利や返済額などを気にせず借りてしまい、返済が大変という時には、金利が低く返済額が少ないカードローンへの借り換えを考えてみましょう。

 

5-1.審査に通りそうにない時は

すでに複数社からの借り入れをしている、延滞などをして利用実績に問題があるといった専業主婦で、今のカードローンの返済が大変といったケースでは、一人で問題を解決するには難しいと考えられます。
このような状態で金融機関を利用しても、まず審査に通るのはむずかしいでしょう。
このような審査に通りそうもないという時には、夫に相談することが大切です。
夫にだけは知られたくないという人も多いでしょうが、そのままでは最悪、自己破産をすることになるかもしれません。
自己破産だけは誰でも避けたいですよね。
夫名義で低金利のカードローンを利用すれば、簡単に借り換えができ、返済も楽にすることができます。