専業主婦でも借りられるカードローン特集

1.専業主婦でも借りられるカードローンを特集!

夫や親に心配をかけたくないという理由から、自分でお金を何とかしたいと考えている人も多いと思います。
そんな人に大きな助けとなってくれるのが銀行カードローンです。
消費者金融の方が便利といったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、専業主婦が便利に、しかもお金を借りられる可能性があるのは銀行カードローンです。
今まで金融機関を利用して自分でお金を借りたことがないという人にとっては、本当にお金を借りられるのか、どこを利用したらいいのかと何かと不安になりますよね。
ここでは、専業主婦でも利用できる銀行カードローンの種類や特徴について紹介していきたいと思います。

 

1-1.知らないと損するカードローンの豆知識

銀行カードローンといっても、その商品によって利用条件が違ったり、金利やサービスなども違います。
例えば、大手消費者金融では即日融資が当たり前となっていますが、銀行カードローンには即日融資に対応していないものも多くあります。
利用するために口座開設の必要があり、手続きに時間がかかるなど全体的に融資までのスピードは遅いと言えるかもしれません。
しかし、銀行の中には大手消費者金融の自動契約機を設置し、口座開設も必要なくカード発行までしてもらえる銀行もあります。
また、カードローンを利用できるようになると、公共料金や携帯、家賃などで口座引き落としをしている場合に、残高不足が生じると、利用限度額内で自動融資をしてくれる便利なサービスが受けられるカードローンもあります。

 

1-2.消費者金融と銀行カードローンの違い

カードローンと聞くと消費者金融をイメージする人も多いのですが、銀行カードローンと消費者金融では大きな違いがあります。
まずあげられるのが法律です。
消費者金融のような貸金業者には総量規制という法律が適用されており、専業主婦では利用しにくいのが現状です。
しかし、銀行はこの総量規制の対象外となっているため、専業主婦でもカードローンを手軽に利用することができます。
また、金利も大きく違うポイントの一つです。
特に専業主婦では少額の融資となるため、上限金利が設定されるので、金利には特に注目してカードローンを選ぶようにしましょう。

 

消費者金融 銀行カードローン 違い

 

1-3.専業主婦がカードローンを利用できる理由

銀行カードローンは消費者金融と比べ法律の違いによって利用できると紹介しましたが、収入もないのになぜ利用できるのかと思っている人も多いと思います。
その理由が総量規制という法律です。
総量規制とは、個人の借入を年収の1/3までに制限する仕組みのこと。
銀行カードローンは総量規制対象外であるため、無収入の専業主婦にも融資することができるのです。
また、もう一つの理由が配偶者が安定した収入を得ていることです。
夫が収入を得ているのはどこの家庭でも同じなのですが、専業主婦で生活していることが大切なのです。
専業主婦であるということで、夫一人の収入で生活できているということになり、それだけ夫の収入が多いということがわかります。
その夫の収入の多さが専業主婦の信用を高めていると考えられます。
その証拠に、専業主婦のカードローンでは本人確認書類の提出だけで、夫の収入証明書や夫の在籍確認などもなくカードローンを利用することができます。

2.専業主婦におすすめの銀行カードローンをご紹介!

カードローンを選ぶ時には何に注目して選べばいいのかと思っている人も多いでしょう。
多くの人がまず金利に注目をします。
金利は、毎月の返済の時に支払う利息に影響することから、多くの人がまずこの金利の低いところを選ぼうとします。
しかし、金利だけで選んでしまうと、申し込みの時に大変だったリ、利用しづらいと感じることもあります。
金利だけでなく、申し込み方法や利用条件、その他の便利なサービスや特典などもしっかりと確認して選ぶようにしましょう。
そのためには、まずは専業主婦でも利用できるカードローンと、その商品の特徴を知ることが大切です。

 

2-1.楽天ポイントが貯まる!楽天銀行スーパーローン

大手ネットサイトである楽天グループが提供している楽天銀行スーパーローンは、専業主婦でも利用することができます。
このカードローンは専業主婦でも利用できることをはっきりと明記していることからも、専業主婦に積極的に融資をしていると考えられます。
また、楽天ポイントが溜まるという、楽天を良く利用する人には嬉しいサービスがあります。
楽天ポイントがあることで、買い物や楽天銀行を便利に利用することができるため、ポイントをためているという人も多いのではないでしょうか。
楽天でよく買い物をするという人、楽天銀行を利用している人には、楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

 

2-2.業界最低水準の低金利!みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの金利は年率3.5〜14.0%となっています。
専業主婦の借り入れでは、まず上限金利が設定されることから、みずほ銀行カードローンの金利は14.0%になります。
この金利は業界の中でも最低水準の低金利です。
三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは1.8〜14.6%、楽天銀行スーパーローンでは1.9〜14.5%、東京スター銀行スターカードローンなら4.5〜14.6%、じぶん銀行カードローンでは3.9〜17.5%となっていて、上限金利で比べるとみずほ銀行カードローンがどれだけ低金利かがわかります。

 

2-3.auユーザーにおすすめ!じぶん銀行カードローン

じぶん銀行にはauユーザーにはお得なサービスがあります。
それは金利優遇を受けられるという点です。
じぶん銀行カードローンでは、誰でもコースと借り換えコースがありますが、auユーザーなら誰でもコースで年0.1%、借り換えコースなら年0.5%の割引が受けられます。
すでにじぶん銀行の口座を持っているという人なら即日融資も可能で、auユーザーにとってはとても魅力ある商品となっています。
返済方法はATMを利用する方法と、じぶん銀行口座からの自動支払いがあります。
多くの人が利用する自動支払いでは、自分の好きな日を返済日として指定できるので、給料日直後に設定すれば返済遅れの心配もなく安心して利用できます。

 

2-4.口座があれば即日融資可!東京スター銀行 スターカードローン

東京スター銀行のスターカードローンを利用するには、口座開設が必要となります。
すでに口座を持っているという人は、9時30分までに申し込みを済ませ、午前中までに契約が完了すれば即日融資も可能です。
スターカードローンではインターネットを利用して、必要書類の提出もできるので、手続きがとても簡単というメリットがあります。
外出する手間がないので、自分の好きな時に申し込みを済ませることができます。
即日融資が希望の人は、仕事終わりにでも申し込みを済ませておき、審査結果が午前中までに来れば、そのままインターネットで契約を済ませることでその日に融資をしてもらうことができます。

 

2-5.毎月の返済額は1000円から!三菱東京UFJ銀行 バンクイック

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、銀行の中では珍しく、口座開設の必要もないカードローンです。
多くの銀行がカードローンを利用するためには、その銀行の口座開設が必要となります。
専業主婦が利用できるといっても口座開設が必要なのでは、すぐに融資が受けられないと、お金を借りることを諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかし、バンクイックはテレビ窓口を利用して、その場で申込みから契約、カードの発行までしてもらえます。
新規口座開設の必要もなく、発行してもらったローンカードを利用してお金を借りることができるのです。
毎月の返済額も1000円からと、すぐにお金が必要という専業主婦にはとても利用しやすいカードローンです。

3.専業主婦でも借りられる人気カードローンを徹底比較!

専業主婦でも利用できる銀行系カードローンは意外に多くあり、どこの銀行のカードローンを利用しようか迷ってしまいますよね。
まずはそれぞれのカードローンの特徴を知り、自分が何を求めているのか、どのようなカードローンなら利用しやすいのかをしっかりと考えて申し込みをするようにしましょう。
銀行によって専業主婦に積極的に融資をしているところもあれば、金利が低い、手数料がかからないなど様々な違いがあります。
その他にも、みずほ銀行カードローンでは、自動融資という専業主婦にとって便利なサービスも提供しています。
それぞれの人気カードローンを比較して、利用しやすいカードローンを見つけましょう。

 

3-1.審査の通りやすさは?

専業主婦の人は、自分に収入がないことで、審査に通りにくいのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、初めて利用する人はもちろん、過去の金融機関での利用実績に問題がなければ、専業主婦の場合には比較的審査には通りやすいと考えられます。
ただし、注意したいのが、どこの銀行でもいいわけではないということです。
銀行には専業主婦に融資をしているところもあれば、そうでないところもありますし、融資をしていても積極的なところもあれば、消極的なところもあります。
審査が気になるという人は、公式サイトなどを確認して、専業主婦でも利用できることをわかりやすく表記しているところを選びましょう。

 

3-2.利用限度額は?

利用限度額は各銀行によってあらかじめ決められていることがあります。
基本的には30万円か50万円までで、具体的には、楽天銀行スーパーローンは50万円、みずほ銀行カードローンは30万円、じぶん銀行カードローンは30万円、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは30万円となっています。
これはあくまでも上限がここまでということで、誰でも30万円や50万円借りられるというわけではありません。
ただし、専業主婦だからといって、特に限度額を制限していない銀行カードローンもありますから、その辺りは事前に確認しておきましょう。
とはいえ、口コミなどを確認してみると、専業主婦の場合、大抵が20万円程度の限度額で契約となることが多いようです。
仮に少ない利用限度額が設定されても、確実な利用を続けていれば、徐々にアップをしてもらえることもあるので、返済忘れなどをせず、確実に毎月の返済を続けましょう。

 

3-3.本当に夫に秘密で借りられる?

夫にバレないかと心配する人は多いのですが、専業主婦の場合には、本人確認書類の提出だけで、在籍確認もないことから、夫に秘密でお金を借りやすいと考えられます。
バレる可能性があるのが、本人確認のための電話や郵便物なのですが、申込書に携帯電話の番号を記入しておけば、本人確認の電話は携帯にかかってきます。
郵便物として送られてくるのがローンカードですが、三菱東京UFJ銀行なら、テレビ窓口を利用すれば郵送でローンカードが送られてくる心配はありません。
また、みずほ銀行カードローンでは、今持っているキャッシュカードにローン機能を追加することもできます。
夫に秘密にしたいという人は、自分にとって利用しやすく、バレにくい銀行を選ぶことも大切です。